釣り部ログ!

バス釣り、海釣り、それに必要な道具の知識まで、釣りに関するあらゆる情報を発信しながら、自身の釣行記も書いています。

【海釣り入門】ちょい投げ釣りのすすめ

はじめに

釣りのイメージで恐らく一番多いであろう

なんか餌付けて投げて待ってるやつ」がこれですね。

しかし確かに待つ場面もありますが、ただ闇雲に待つだけではありませんよ。

今回は子供から大人まで楽しめるちょい投げ釣りを紹介します。

どんな釣り?

100mも200mも仕掛けを投げて魚を釣る投げ釣り。

ちょい投げはせいぜい30mほどです。

 

対象魚

シロギス、ハゼ、カサゴ、カワハギ、メゴチ、ベラなどなど様々な魚が対象になり、時には思わぬ大物が食ってくることもあります。

 

シーズン

春~夏にはシロギス夏から秋にはハゼをメインに、他の魚も釣れてくる感じでしょうか。冬も釣れなくはないですが少し厳しいかもしれませんね。

 

釣れる場所

砂浜で投げても良いですが、ちょい投げだと魚のいるところまで届かない可能性もあります。なので足元からちゃんと水深がある、漁港や釣り公園なんかがおすすめですね。

 

用意する道具

 

推奨ロッド

なんでもいいです。ちょい投げセットなんてのもありますしそれで充分です。重さでいうと大体30gくらいまでの重さを扱えるような竿が良いですね。飛距離を求めるならより長い竿を選びましょう。

 

推奨リール、ライン

特にこれじゃなきゃってのはありませんが、スピニングが良いんじゃないかなぁと思います。番手は2500か3000辺りで良いでしょう。

ラインは子供や初心者であればナイロンで全然問題ありません。釣りに慣れている人はPEが良いでしょう。

 

まぁセットで良いでしょ

1m80と海には短めなのでお子さんに

大人はこちらの3mロッドを

 

汎用性があるやつを買ったほうが...みたいに思うかもしれませんが、どうせハマるとあれ用これ用と買うことになるので大丈夫です。大丈夫?

 

仕掛け

ちょい投げ釣りの仕掛け

基本の仕掛けはこんな感じ。ジェット天秤の向きが分からなくなると思うのでご注意を。重りが仕掛け側です。

針の大きさや本数、仕掛けの長さなど様々ありますが、キス用を買っておけばとりあえずは良いんじゃないでしょうか。無くすことも考えてサイズ違いで2、3個買っておきましょう

 

ちょい投げ釣りの餌
餌は石ゴカイ青イソメなど。絵のようにカットして使いましょう。

 

活き餌は絶対無理!って人には疑似餌(ワーム)もあるのでご安心を。

 

釣り方

 

投げる

周りの人やその人達が投げている方向をよく見て、なるべく邪魔にならない方へ思い切り投げましょう。

 

探る

上でも横でも良いので竿をしならせて、ゆーっくりズリズリと、底を感じながら自分のほうへ仕掛けを寄せ、寄った分の糸ふけを巻き取る。これを繰り返して地形やアタリを探ります

何か障害物のある場所、小さな崖のようにかけ上がりになっている場所、一度アタリを感じた場所などでは、しばらく寄せるのを止め待ってみましょう。

 

アタリとアワセ

ズリズリしてる間や仕掛けを止めた時に、竿先がピクピクっと動いたり、手元にブルブルと感じたらそれはアタリの可能性があります。

ほとんどアワセる必要は無く、キスなんかだと基本は群れでいますので、そのままズルズルと引き続ければ2匹目、3匹目と掛かってくれることもあります。

 

釣れた場所へもう一投

一度釣れた場所にはまだ魚がいる可能性があります。もう一度同じ場所を狙いましょう。

ただ狙いのポイントへ直接投げ入れると、魚が驚いて散ってしまうので、少し遠くへ投げてからポイントまで引いてくるようにしましょう。

 

なんだかんだ良い釣りだと思う

地形を感じることで得た知識は他の釣りにも生かせるし、時にはボーっと竿先を眺めながら待ってみたり、広大な海を感じる良い釣りだと思います。